ZKTeco ホームページ > ソリューション > 事例研究 >日本ハム株式会社–食品メーカータイ工場の出入り管理事例

日本ハム株式会社–食品メーカータイ工場の出入り管理事例

プロジェクト説明: 


プロジェクト場所 :日本ハム株式会社タイ工場;


日本ハム株式会社はは三重県桑名郡木曽岬町にある日本の食品メーカー。日本ハムの子会社で、日本ハムブランドの加工食品の開発、製造を担っている会社の一つです。本業の食品加工以外、日本ハム会社は北海道日本ハムファイターズ、また日本プロサッカーリーグチーム、大阪セレソの部分の株を持っています。



日本ハム株式会社は日本現有の最大肉類加工企業で、加工工場、小売店と実験室というような完全な加工、物流、販売と売買チャネルがあります。特に物流システムは業界でも空前で、企業には著しく業績と地位をもたらしました。同社はアジア市場の開発を重視し、その前も中国、中国台湾、ベトナム、タイなどの協業パートナーと共同で工場を設立しました。本訪問アクセス管理プロジェクトはタイPhra Nakhon Si Ayutthayaに置ける生産工場で実行しました。


取引先の要求

ラージログで大容量

工場現場では毎日従業員の出入りが激しくて、安全やプライバシーのため、頼りになる認証方法を採用し、生産現場の従業員しか権限を発行しない方式で、違法また不適切な訪問を防止します。だが、人ですべての出入りをモニターして、不法侵入を防止するのは困難なので、ユーザーで訪問権限をカスタマイズできる複数授権システムは非常に役立ちます。

信頼できる認証方式

製造加工企業の機密情報とプライバシー。
安全性とプライバシーを保障するため、信頼できる身分認証方法を採用すべきです。伝統的なパスワード、カードで認証する方法は操作者身分を確認できなくなります。お客様は生産現場の安全性を深く関心しますから、身分認証を確認することが安全確保のポイントとなります。

リアルタイムで入退室モニタリング

一つのサイトですべての従業員の出入りを把握してコントロールすること、アクセスログをいつでも確認できることという要望を提出しました。

実装ソリューション

構成



Device Name

Device Model

生体認証アクセスコントロールソフトウェア


ZKBioSecurity 3.0

指紋リーダ


FB1222

指紋リーダ


FB1022

指紋リーダ


FB1011


技術的特徴



• 生産現場では7台のFB100シリーズウィングゲートを配置されています。それは、FB10112台、FB10223台とFB12223台で異なる機能のあるウィングゲートです。


• 居住者はすでに身分登録しました。特定のエリアと特別目的通行許可をもらう人もいます。カードには従業員の個人情報と、人による特別権限書いてあります。


• ウィングゲートのリーダでカードと指紋を認証成功してから、授権したエリアには入られます。


• すべてのウィングゲートはZKBioSecurity 3.0 ソフトウェアでコントロールされます。



特徴説明


• FBL1000シリーズは一方通行のセキュリティゲバリアゲートで、静かで平穏な動作で電力の消耗は少ないです。ステンレス外観で耐久性が高いです。本シリーズの製品は複数の認証方式をサポートします。




現場写真 :