ZKTeco ホームページ > ソリューション > 事例研究 >国家規模の証券取引所のため、アクセスと訪問管理ソリューション

国家規模の証券取引所のため、アクセスと訪問管理ソリューション

プロジェクト説明 : 


プロジェクト場所: 東南アジア;


最終ユーザー:証券取引所;

お客様は、インドネシアジャカルタに位する国家規模の証券取引所です。2012年末迄、証券取引所には上場株式会社462箇所があって、総株式資本は4267.8億ドルに達しました。社員は四万人います。





実装ソリューション

構成配置



タイプ

製品 数量

ソフトウェア

ZKBioSecurity

45,000
ハードウェア スイングゲート
InBio260 Pro 埋め込み
24
ウィングゲート
InBio160 Pro 埋め込み
3



配線図:





技術特徴



オンラインとオッフラインモートが組み合わせ、1日当たり社員4万人、訪問者5千人を管理します。



機能説明



総合アクセスコントロールプラットフォームは拡張性と適合性の強い

アクセスコントロールソフト--ZKBioSecurityHikvisionDahuaなどの第三者IPCsデバイスの接続をサポートします。このプラットフォームは入退室、エレベーターコントロール、訪問者管理、ビデオ勤怠などのモジュールを集積し、第2段階のエレベーターコントロールなどのアクセス要求に簡単に対応できます。



• 全局アンチパスバックをサポート

ユーザーがカードでビルに入れる時、カードの記録が会計するかどうかと確認します。していない場合は、カードを持っている人の立ち入りを禁止します。ところで、ユーザーがカードをスワイプして外出する時、システムはチェックイン記録を検索します。記録がない場合、外出を禁止します。



OCR機能が利用可能

異なる高速スキャナーの接続をサポートします。訪問者情報を登録する時、高速スキャナーでカード番号が自動的に読み込まれます。



訪問者機能にはブラックリストを統合

全ての訪問者は管理人に情報を登録する必要があります。登録情報をブラックリストと比較されて、パスした後、管理人に臨時カードを配られます。訪問者はカードでオフィスエリアに入れます。パスしていない場合、システムはブラックリストのユーザー情報を表示すると同時に、自動的に警備員を呼びます。管理人は臨時カードの発行を拒否します。



レポートをエクスポート可能

需要に応じて訪問者入退室のレポートをエクスポートできます。



ソフトはブラウザー/サーバーの構造を採用し、リアルタイムでモニタリング情報を表示でき

ZKBioSecurityはブラウザー/サーバーの構造に基づいたアクセス制御管理システムです。任意のPCもクライアントとして、プログラムをインストールする必要はありません。ユーザーはブラウザーで直接にソフトをアクセスし、ログインします。ブラウザーでリアルタイムのInBio製品の接続状態を確認できます。