ZKTECO.CO.,LTD. 1998年以来、複合生体認証アルゴリズムの研究開発と複合生体認証 SDK の製品化に努めてきました。最初はPC セキュリティおよび ID 認証分野で広く適用されてきました.開発の継続と市場への応用により、徐々に複合生体認証技術に基づいた身元認証エコシステムとスマートセキュリティエコシステムを構築しました。長年に生体認証の産業化の基礎を培ってきた ZKTeco は、2007年に正式に設立され、生体認証業界で世界をリードする企業となり、さまざまな特許と知的財産権を持ち、国家ハイテク企業として6 年連続で選ばれています。

1998年

ZKTecoは、自社開発の指紋アルゴリズムZKFinger2.0をリリースし、顔認証アルゴリズムも専念しています。身分証明書の用途における指紋認証技術の開発を目指しています。

1999年

複合生体認証技術を発表しました 初の入退室管理製品V20を発売しました

2002年

7,000,000人の上海市民カード指紋プロジェクトを適用し、7,000,000人以上の市民に指紋認証技術を提供し、この分野で最も認可された中核技術プロバイダーです。

2003年

ZKTecoは、埋め込み式指紋開発ツール2.0と顔認証アルゴリズムZKFace 1.0を発表しました。

2004年

最初の指紋に入退室管理製品F4を含み、一連の指紋製品およびモジュールを発表しました。指紋製品は国際的なOEMプロバイダになりました

2005年

会社の急成長と市場の拡大により、指紋ロックの開発が始まりました。

2006年

深センにZKビルと工場を設立しました。

2007年

ZKTecoは正式に設立され、同じ年に海外市場に参入しました。 ZKTecoは、バイオメトリック認証、TFT、Wi-Fi時間管理およびアクセス制御アプリケーションの新時代を迎えました。

2008年

初の指紋ドアロックを発売しました。

2009年

東莞産業基地が設立されました。

2010年

ZKTecoは初の虹彩アルゴリズムZKIris 1.0、静脈アルゴリズムZK Vein 2.0、指静脈アルゴリズムZK Finger Vein 2.0およびアクセスコントローラC3シリーズを発表しました。

2011年

ZKTecoが指静脈アルゴリズムZKFingerVein 1.0を発表しました。 ZKTecoにち当社のブランド名。 ZKTecoブラジルとアルゼンチンの子会社が設立されました。

2012年

指紋、顔、虹彩および静脈認識技術を備えた複合生体生体認証技術アルゴリズム、ZK MultiBio 3.0を発表しました。
ベトナム、インドネシア、ブラジル、アルゼンチン、ロシアに支店を開設しました。

2013年

ZKTecoは、米国のシリコンバレーにSilk ID Research Laboratoryを設立しました。 アモイソフトウェアベースが設立され、ソフトウェアの開発、販売およびサービス部門が運営されています。

2014年

ZKTecoは、手のひら認識アルゴリズムZK Palm Vein 1.0と顔認証アクセスコントロールカメラBiocam 300を発売しました。

2015年

新世代の勤怠管理ソフトウェア、ZKTime.Net 3.0を発表しました
米国に新たな独立セキュリティ部門、ZKAccessの設立を発表しました。

2016年

ZKTecoは長距離虹彩認識端末と顔と指紋と手のひら認識端末を発表しました。 企業は正式にZKTeco Co., LTD.に改名されました。

2017年

業界最先端のシリコン指紋コレクター、スマートシティアプリケーションに基づくAIセンシングビジュアルシステム、最新の超長時間待機時間デスクトップモバイル出席デバイスD1S / D2Sを発表しました。

2018年

可視光製品を発表しました
韓国に共同製品研究所を設立しました。
  • 生体認証

    Biometric Feature

    正確で高速で動的な生体顔認識
  • IoT物联网

    IoT Application

    長距離自動ドア、低消費電力
  • 顔分析

    Face Analysis

    クラウドプラットフォーム、ビッグデータ分析比は、顔、高精度、高合格率です
  • 最先端のアルゴリズム

    Leading Algorithm

    世界をリードするアルゴリズムを使用して、最大99.90%の顔比精度を備えたラボクラスのディープラーニングエンジン
  • 適用

    Application

    クラウド勤務評定、クラウド訪問客、クラウド門限